· 

パンク修理について

 

タイヤ交換専門で仕事をしていても、パンク修理の問い合わせは結構あります。

 

最近の車にはスペアタイヤが付いていないことが多く、その代わりパンク修理材があったりします。

 

新車時に付属しているパンク修理材はあくまでも応急用。

 

パンクの状態によっては全く効き目がありません。

 

タイヤハイドではパンクの状況によって2種類の修理方法を準備しております。

 

①外面差し込み修理

 

こちらの茶色い棒状のものが修理材です。

 

この修理材をタイヤの外側から二つ折りで差し込んで穴を埋めます。

 

簡単スピーディーに修理が出来ますが、タイヤ内部を確認しないため応急用とお考え下さい。

 

一般的にパンク修理というとこのタイプが多いです。

 

 

⓶内面修理

 

内面修理とはタイヤをホイールから外し、タイヤの内側から修理材を使用する修理方法です。

 

 

こちらの傘のようなものが修理材になります。

 

自転車のパンク修理材と差し込み修理材が合体した感じですね。

 

この修理材をタイヤの内側から差し込んで修理します。

 

手間と費用が掛かりますが、確実な修理が出来ます。

 

タイヤハイドでは基本こちらの修理をお勧めいたします。

 

理由はタイヤの内側を確認できるからです。

 

外側からでは確認できない損傷を見ることはとても大事なことです。

 

パンクの状態やタイヤの状況によって適切にどちらが良いか判断させていただきます。

 

************
神奈川県 厚木市
持ち込みタイヤ交換専門店
タイヤハイド
℡:046-210-3462
URL:www.tirehide.com
mail:info@tihide.com
************